00052893
実話怪談投書掲示板

[ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント (No.116) の関連スレッドを表示しています。 ]

早くも情報が出てきました... 投稿者:tapps - 2012/01/19(Thu) 12:56:50 No.116  引用する 
いつも楽しみに放送きかせてもらってます。
もうご存知かもしれませんが、早くもこのような情報があったのでお知らせします。
いたこさんの言うところの「キタキタキターーー。」
当然ですが、相当数の方が見ているみたいです。

ソース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120118/trd12011811500005-n1.htm

「お化けや幽霊見える」 心の傷深い被災者 宗教界が相談室
2012.1.18 11:49

 「お化けや幽霊が見える」という感覚が、東日本大震災の被災者を悩ませている。震災で多くの死に直面した被災者にとって、幽霊の出現は「心の傷の表れ」(被災地の住職)という見方もある。だが、行政に対応できる部署はなく、親族にも相談しづらい。心の傷を癒やすよりどころになろうと、宗教界は教派を超えて取り組んでいる。(荒船清太)

 1月初旬、仙台市の仮設住宅に住む70代の夫婦が市内の浄土宗寺院、愚鈍院をお参りに訪れた。いつも通りあいさつを交わした中村瑞貴住職に、夫が「実は…」と口を開いた。始まったのは「お化け」に関する相談だった。

 「仮設住宅に何かがいる。敷地で何かあったんじゃないかと思う」という夫に、中村住職は「供養しましょうか」と応じた。仮設住宅でお経を唱え、供養を終えると、「誰にも相談できなかったんです」。夫はホッとした表情でそう打ち明けたという。

 「水たまりに目玉がたくさん見えた」「海を人が歩いていた」…。被災者の“目撃談”は絶えない。遺体の見つかっていない家族が「見つけてくれ。埋葬してくれ」と枕元に現れたのを経験した人もいる。------つづく
(全文表示はソースから)

投稿者 No. 暗証キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -