00052893
実話怪談投書掲示板

[ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント (No.49) の関連スレッドを表示しています。 ]

ハワイアン 投稿者:あずまたから - 2008/06/11(Wed) 20:26:47 No.49  引用する 
 いよいよ安曇先生風にチャレンジしますが、話が嘘っぽくても苦情は受け付けません。それは私の所為ではありません。ネタを話してくれた兄の所為でもありません。それでは誰の所為でしょう!世間です!そうです!時が悪かったのです!星座が悪かったのです!誰の責任でもありません!だんだん、危ない人間の発言に近くなってきたので、言い訳は止めます。
 それでは始めます。上手く語る事が出来ますかどうか・・・。
 わずかにあった平地でテントを張り三日目の夜。吹雪は止まず、相変わらず突風が吹きすさんでいます。
 無理な登山計画ではありませんでした。天気図では晴天が続くはずでしたし、携帯ラジオでも、これほど荒れるとは予報していませんでした。
 三月中旬の春山にしては珍しく、冬期用のテントなのに、ありったけのセーターを着込んで寝袋に包まっても震えがきます。息でテントの内側に霜が下りるくらいの寒さ、まだ予備の食料が残っているものの無理は禁物、天候が戻り次第、登頂を諦めて下山しなければなりません。寒さで確実に体力が奪われているからです。
 でもしかし、その人は少しも怖くなかったといいます。なぜなら単独と違い相棒がいれば心強く退屈はしません。怖いどころか夜は暇潰しに怪談を楽しんだというから山男は精神が強靭です。
 「それでよ、そいつらは雪を被せて人を消してしまうんだ。」
 決まりきった雪の怪談です。
 ですが、その話は一つだけ変ったところがありました。
 「どうして裸なんだ?」
 「もう人じゃないのさ。人の体は気温と体温が近いと暑さを感じるんだそうだ。だから体温を奪われた奴は、ぐっしょりと汗をかく。寒さで体の機能が狂ったからなんだが、例えば気温が三十度だと人は暑く感じる。なぜか?自分の体温に近いからさ。」
 「つまり死んでも彷徨っている連中は、体温が外と同じな訳だ。」
 「雪景色でも常夏と同じさ、そんな奴らが生きている人間はどう見えると思う?」
 「さあ?」
 「歩く松明だよ、山男ならどうする?そんなの見つけたら?」
 「そりゃ消すよ。山火事になっちまう。」
 「だから連中も雪をかけて人を消すって訳だ。」
 そう言って笑った時でした、遠くで歌が聞こえてきたそうです。こんな天候で夜に外へ出るなど自殺行為。ホワイトアウトで方向感覚を失って遭難してしまう。
 「まさか?」
 聞き違いだと思ったそうです。
 ですが歌声は近づいてきます。

 初めて山男達は恐怖に震えました。
 その連中はアロハ・オエを歌っていたからです。
 常夏の国、ハワイの歌。
 それも大勢での合唱。
 男達の歌声が山に木霊します。
 気を紛らわせるための歌だろうか?それにしても悲壮感は何も感じません。まるでキャンピングでもしているような呑気さです。笑い声さえ聞こえます。寒さと疲労で幻聴や幻影に悩まされて正常な判断力を無くすというのもよく聞く話です。
 もしや、本当に遭難者?
 足音は近づいてきます。
 大勢で雪を踏みしめる音が聞こえる。
 他に聞こえるのは女の泣き声のような風の音。
 足音は近づいてきます。
 キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!
 奇妙です。この吹雪では自分の手さえ見えないはずなのに、ちゃんとコースを外れずに歩いてくる。
 場違いなハワイアンの合唱が大きくなってきます。
 声をかけてみようか?
 その人は様子を見ようとテントから顔を出そうしましたが、相棒に止められました。
 「やめとけ、テントの中なら気づかない。」
 怯えた目で相棒は、必死で止めます。
 「何を言ってんだ!お前!」
 理屈に合わない話です。
 テントには雪が半分ほど積もっていましたが、赤いのでコースを見間違わず進めるなら気づかないはずがありません。ならば外の連中は、何を見て此処まで来たと言うんでしょう。そもそも見えていたのか? 
 とうとう足音はテントの近くまで来ました。
 思わず息を潜めてしまいます。
 遭難者なら声をかけなきゃ!声をかけろ!声を!
 でも体が震えて、頭でわかっていても金縛りにあったように動けません。
 足音は通り過ぎていきます。
 早く!声を!声を!声を!
 キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!キュッ!
 真っ暗な闇で足音と歌声だけが聞こえます。
 キュッ!キュッ!キュッ!・・・・・。
 とうとう、歌声も足音も聞こえなくなってしまいました。
 その夜、眠れず寝袋の中で夜を明かしたそうです。
 なぜ声をかけなかった・・・。
 その人達は良心の呵責に苦しみました。みすみす遭難者を見殺しにしたかもしれないのです。
 
 翌朝、晴天になったのでテントに出れば、奇妙な足跡で、みんな裸足。
 でも、でも・・・。幽霊なら足跡なんか残さないよな。
 相棒と顔を見合わせます。
 相棒の顔は真っ青です。
 「しまった!やっぱり遭難者だ!」
 自分で自分を殴りつけてやりたい気分だったそうです。
 怪談なんかに怯えて、大勢の助けられるかもしれない人を目の前にして震えていたんだ。畜生!
 山男のプライドもズタズタです。
 急いで下山して、近くの山小屋に飛び込んで、昨夜の事を話しましたが、不思議な事に、すぐに遭難者などいない事が判明しました。
 それもそのはず、その日、山にいたのは二人だけ、他の登山者は無事にキャンプ場や山小屋に到達して、吹雪をやり過ごしていたというのです。
 では、あの歌声はなんだったのでしょう。今も雪山で、あの奇妙な合唱が聞こえるかもしれません。
 兄も話では、その体験者は登山から足を洗ってしまったそうです。怪異に遭遇したからではありません。相手が幽霊であろうが、やはり声をかけなかった自分が許せなかったといいます。

 怖かったですか?本当かどうかなんて野暮は言いっこなし、とにかく、これが兄から聞いた全てです。え?噴飯もの?やっぱり安曇潤平先生のパクリ?いいえ!オマージュです!誰がなんと言ってもオマージュです!これ以上は何も出ません!来年、忘れた頃に投稿するかもしれません。しないかもしれない。それまで全国の女子高生!女子大生!そして元女子高生の皆さん!ごきげんよう!

投稿者 No. 暗証キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -