こっちの世界ゾ〜ン第二十九夜「栓が必要だったのは別のトコロ!?」

三堂りあるさん談


オカマに狙われている「三堂りある」です。


今日の昼間、バイト先の先輩(いまはもうやめた人)に

偶然会ったので、コトの顛末を話しました。

すると・・・


「おまえが悪い」


と言われました。

納得がいかないので反論すると、


「相手がオカマだというのは最初から分かっていたことだろ。

それなのにノンキに飲みに行くお前が悪い。

腹を空かせたライオンの檻に入っていく奴がいるか?

多分、相手は君が飲みに来たことをOKだと思ったんだろう」


なるほど、言われてみればそんな気もしてくる。


「でも君は馬鹿ではないから。彼(オカマ)の思惑を読んで

行ったんだよ。深層心理で君はオカマに犯されることを望んでいたんだ。

でもそれは君の知っている君のペルソナではないから

理性が必死に否定しているだけなんだよ。

もっと自分に正直に生きたまえ。

はっはっはー」


こうして事件は新たな展開を見せたのであった−−−


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


怯えるコンビニ店員[三堂りある]です。


みなさん、僕の情けなくも恐ろしいオカマ体験に対して

いろいろとご意見や対策をありがとうございます。

「オカマ問題」意外にもいろいろ書き込むネタがあるのでよろしくお願いします。


先日、バイトに行きましたが、オカマは現れませんでした。

ばんざーい!

そのかわり前日のバイト仲間が来て、

「三堂。昨日、ゲイバーのオカマが来てお前を探していたぞ。

何曜日に入っているか聞いてきたから教えたけどいいか?」

駄目じゃ、ボケ−−−−ッ!

時すでに遅し、情報はオカマに回ってしまった。

次のバイトがあるのは月曜日。

とりあえず、いたこさんが言うように辛子でも塗っておこうかな。


追伸

オカマの源氏名は「メアリー」であることが判明。

でも風貌は「ゴンザレス」ってカンジです。





     戻る