「雪男」追跡チームの追加メンバーを募集 中国研究団体
忍耐強く体力のある人材を募集、生物学の基礎知識があり写真撮影ができること。職務は「雪男」探し――。中国・湖北省で「野人(イエレン)」と呼ばれる伝説の動物を追う研究団体HWMRAが、世界中から新たなメンバーを募っている。HWMRAの幹部が9日、新華社に語ったところによると、同団体は100人以上の科学者や探検家で構成し、長年にわたって野人の追跡を続けている。本格的な調査を実施するのは1980年代初め以来だという。新メンバーの条件としては厳しい職務に耐えられる健康な人物で、25~40歳が望ましいという。同団体メンバーの考古学者によると、新たな調査には少なくとも150万ドル(約1億2300万円)の費用がかかるとみられ、さまざまな企業や組織に寄付を呼び掛けているという。同省の神農架地区ではこれまでに野人を目撃したとの報告が400件以上あり、研究者らによる調査は1970年代から続いてきた。目撃情報によると、直立歩行する動物で人間よりはるかに背が高く、全身が毛で覆われている。これまでの調査で毛や足跡、排せつ物、すみ家などが見つかったとされるが、決定的な証拠にはなっていないという。米国では同様の動物が「ビッグフット」「サスクワッチ」と呼ばれる。1950年代にカリフォルニア州北部で目撃情報が相次ぎ、ビッグフット追跡で最も長い歴史を持つとされる団体BFROが、住民らの目撃談に基づく調査を続けている。(CNN.co.jp )[10/10]

信頼すべき筋からの情報によると「野人(イエレン)」は存在する可能性がかなり高いUMAだとか。体力に自信のあるUMAマニアは是非挑戦してくださいませ。