かなりまえに映像作家的な人たちの中ではブームになっていた『モーフィング』。マイケル・ジャクソンの「Black Or White」を見てビックらこいたのは嬉し恥ずかし想い出だったりします。その頃はすげぇ~制作費と時間がかかったんだけど、今では簡単なものならフリーソフトで作れる時代に…。家庭用パソコンとソフトの進化は凄いですね。

やり尽くした感のある『モーフィング』だけど、センスがある映像作家が使うとなんだか新しい感覚の映像になるのですね…。この動画を見ているとなんか妙な不安感に襲われて素敵です。ええ。